ログハウス+日本の家ともいえるポスト&ビーム。
 
  ポスト&ビームの構造は、ログハウス(木を積上げて壁を構築)とは異なる日本古来の軸組構造(在来工法)です。柱=ポストと梁=ビームによって形成
されています。柱や梁を大きな丸太で組み、木の味
わいを生かせるとともに、ログ組みよりもプランの
自由度が高いので、2階建てや部屋を多く必要とす
る2世帯住宅などの建築も可能
になります。
日本の軸組み工法として認められているため、住宅
地でも建築でき、白壁を作れるのでセドリング
(=ログ組みの木が乾燥等で縮むことにより、壁が下
がる現象)の心配がありませんので、メンテナンス
が容易です。
本格ログハウスには憧れるけど、メン
テナンスが不安でなかなか踏み切れない方には とてもおすすめの建て方です。
 
建築業として、利益0では困りますが、利益優先ではなく『木のよさを知ってもらいたい。拡めていきたい。』そんな思いでログハウス・ポスト&ビーム建築・木の素材を活かしたリフォーム事業に取り組んでおります。
ポスト&ビームで使用する柱や梁は職人がハンドカットで一本一本製材します。大手ハウスメーカーさんでは実現できない味わいある木のぬくもりを ぜひ感じてください。
 

画一的商品としての住宅、似た家が並ぶ中のひとつ
としてではなく、施主様一人一人の思いやご希望を
お聞きしながら、住む人と環境にやさしい素材を使
用して一棟一棟丁寧に、世界に一つだけの家を作っ
ていくこと
が しんわログ、ポスト&ビーム建築の
信念です。

材料となる木材も、通常105mm程の角材のところに
直径20〜30cmの丸太を使用し、木の温もりと共に
どっしりとした重量感のある家に
なります。

また、このサイズの丸太を使用することにより耐震
性がぐっと高まります。

  ログハウスと同様にP&B建築も無垢な木材の良さを損なわないよう、そして赤ちゃんにも大人にも安心して住み続けていただけるよう、床下の防蟻・防腐や床面の木材塗料、断熱材などにも自然素材重視に徹底して拘って作っています。

  しんわログとP&B建築は、住む人と環境にやさしい素材を使用し「小さな森に住まう」がコンセプトです。
木のぬくもりにはには憧れるけど…高価なんでしょう?と思われている方、全てハンドカット(職人の手切り)やマシーンカット(機械切り)、梁と柱だけハンドカットなど、色々な方法があります。もし大手ハウスメーカーさんと大差なく、木の香りの家を作れるとしたら‥
あなたはどちらを選ばれますか?

メールはこちら! ヘルスコキュア詳細へ キヌカ詳細へ サーモウール詳細へ