木は伐採されてからも呼吸をし、生き続けています。したがって、木の家に住むのは、小さな森に住むのと同じこと。
進和興産のログハウスは、無垢材の良さを損なわない自然塗料や断熱材を使用し「小さな森に住まう」がコンセプトです。セルフビルド(ご自分で建てる)ハーフビルド(業者にて部分施工)完全請負施工など、お客様に合わせた形でログハウスをご提供します。





木は湿度が高いときには湿気を吸収し、低いときには放出する調湿作用を持っており、高温多湿の日本には

最適の建材です。さらに、断熱性に優れているため、夏は涼しく冬は暖かい住まいを作ってくれます。

また、ログハウスはシックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドなどの化学物質を含んでおりません。

その一方で特有の木の香りがリラクゼーション効果をもたらす、体に優しい住宅なのです。




木は伐採後も生き続けているため、乾燥による「割れ」や「ねじれ」、「ひび」などの「木が動く」と呼ばれる現象

起こります。また、木が縮むことにより「セドリング」と呼ばれる壁が下がる現象もおきます。

このような現象をできるだけ小さくするために、「人工乾燥」と言う処理を施したマシーンカットの木材もあります。

さらに、木を一度小さく切断したうえで人に優しい接着剤で張り合わせることにより、

木材の狂いをできるだけ小さくする「ラミネート」という加工がされたものもあります。

また、木材加工時の処理に加え、塗装をすることにより木の寿命を延ばすこともできます。

その際の塗料は木の呼吸を妨げない特殊なものを使用しますので、木の特長を生かすことができます。

これらの作業によりデメリットを最小限に抑えられたログハウスは、皆様に快適な空間を提供します。

 ■ログハウス建築の際は土地の種類により制限がある場合もございますので、まずはお問合せください。■


 
復興支援プランへ